サガミネハウス」カテゴリーアーカイブ

障害福祉サービス共同生活介護の消防の検査です

本日 長久手にあるかわせみ工房さんの共同生活介護さがみねハウスの

消防の検査です。

いままで長久手市においてはひとつもなかった障害福祉サービス共同生活介護ですが

やっと本年開所することが出来ました。

都市計画法でいえば

市街化調整区域にあり 都市計画法第34条第1号

(公益上必要な建築物及び日常生活のため必要な店舗等)

で建築許可を下ろした物件になります。

建築基準法においては 住宅から特殊建築物 寄宿舎扱いに用途変更

消防においてはとりあえず防火対象物6項(は)にしてあるが

6項(ろ)に変更してもよいように 自火報 自動通報装置も取り付けてある。

下の写真については今回指摘受けてしまったが

入所される利用者さんが

誤って壊したりしないよう(誤ってというより突起や赤で光って苦になって壊したりしないよう)

木のボックスで保護してある。

6項(ろ)になり防火管理者を任意で設置してもらえば

防火管理者の責において木のボックスをつけても良いという特例をつけてもらった。

マー結局のところ6項(ろ)にしてもらって防火管理者を設置してねということのようだ

 

 

横から見たかんじ

 

障害福祉サービス事業 共同生活介護に用途変更

昨年から行っている専用住宅から障害福祉サービス事業 共同生活介護への用途変更

物件が国交省からの補助金待ちとなっています。

従前主要用途は専用住宅です。

メインの専用住宅が157.22㎡この建物を障害者自立支援法による

障害福祉サービス共同生活介護に用途変更します

住宅用倉庫 74.54㎡

5.88㎡

離れ 43.48㎡ この建物を他の施設との連携で障害者自立支援法による障害福祉サービス

生活介護に用途変更

市街化調整区域なので都市計画法の許可をとります。

今回の案件は昭和43年以前から宅地となっていましたが

どうしても50戸連タンがとれず 「 既存の宅地における開発行為又は建築行為等 」の

許可要件をあきらめざるおえませんでした。

県と市のありがたいとりはからいにより、

「 公益上必要な建築物及び日常生活のため必要な店舗等 」

による許可にて進めることになりました。

次へ

 

かわせみさんのイベント

福祉施設 障害サービスに用途変更した建物

昨日はオープニングイベント

思いのほか盛大

市長さん

県議の方々

市役所の福祉課

近所

いろんな福祉事業者の方々

しかも

震災にあわれた福祉事業者のかたがたもかけつけて

いただきました

本当にありがたいことです

 

 

 

 

 

むそうさんのラーメン

 

 

子供用トイレ。。。

 

 

演劇まであるとは思わなかった

 

 

歌もあった

どうも沖縄からきていただいたよう

 

 

 

仕事も忙しかったのもあるし

準備もあって 3日ほとんど寝ておらず

とにかく 今日終わって ほっとしました

いま何をしたいかといえば

ゆっくり寝たいです。。。