月別アーカイブ: 2012年6月

木工事完成。(設計事務所による分離発注)

 

 

 

 

 

法的にひつようなので一応テスリをつけました

 

先日ウェブで購入した防音ドアに鍵がなかったので

キーアンドロックに依頼して鍵を取り付けました。

23000円ほどかかってしましました。

 

昼から内部足場をかけました。

外の足場を解体するときに中の足場も解体します。

吹抜のクロス 上部のロールスクリーン 窓のシャネツシートを張ったら足場が解体することが出来ます。

 

 

 

台風の後。(設計事務所による分離発注)

先日の台風で養生シート(ターボスクリーン)を束ねました。

こちらの現場においては

何も言わなくても吉田建築さんが束ねてくれていました

頭が下がります・・・・

 

 

直営方式に切り替わったもう一つの住宅がありますが、

こちらは、まだ工事が再スタートさせることが出来ず、

お客さんと私と、女性スタッフとでシートを束ねました。

モノスゴーク怖い思いをしました。

窓に4㎝もあろうかと思う、スズメバチがいた・・・

回外の庭にムカデが数匹、ちっちゃなゴキチャン数匹

建物中にも10㎝くらいのムカデを発見

お客さんの許可をもらい、床下にバルサン

庭にも薬をまいた・・

空から飛んでくるスズメバチはどうしようもない・・・

次来る時アースジェットの出番

 

モルタルの施工が始まりました。(設計事務所による分離発注)

設計事務所をやっていて業者さんから言われる一番嫌なセリフは、

「 こんなことやったら ・・・ 」

今回もかなり言われ、「 嫌なら帰ってくれ 」と

喉元まででて我慢する。

左官工事は、油久のH氏に頼んでいる。

独立してからいろいろ仕事でお世話になった吉田建築さんに

木工事をお願いした。

庇をつくってもらっている、アイチ金属さん。

彼らはさすがである。 「 こんなことやったら 」 という禁句は言わない。

前向きに施工方法を考え、的確にアドバイスしてくれる。

本当に気持ちがよい。

 

 

なんとか外部のガルバリウムが完成しました(設計事務所による分離発注)

6月7日に鉄骨の庇が取り付けることが出来ました。

梅雨も近いのですぐ、ガルバリウム鋼板の施工をしました。

一応防音ドアを開いても庇の水切りにあたらないよう

検討して製作しました。

お客さんに

防音ドアもウェブで、廉価のアウトレットで購入してもらいました。

20万円ほどで購入しているのでかなりお値打ちです。

 

 

面倒だった玄関部分の庇関係が完成しました。

1m50㎝ほど庇を持ち出しています。

木製も扉が完成するまで物騒なので、仮設の扉が付いている様子。

 

 

キッチンの収納部分。

エコキュートということもあり、

工務店とエコキュート納材業者との打ち合わせがうまくされおらず、リモコンとお風呂の

循環パイプは施工されていなかった。後から施工することはできないこともあり、すぐに是正することにした。

これについてはさすがの私もあきれはて、工事再スタート後はエコキュート納材業者に対し、●●禁止

としてしまった。。。。。。

 

 

直営方式で工事再スタート

はなせばながくなるんだけれども

わけあって大草の家は2月中旬から現場がストップしていました。

そして5月の中旬より 工務店をはずして

設計事務所というか施主というか

直営方式で工事を再スタートさせました。

業者との金額調整でかなり難航しましたが

概ね金額が決定しました。

普段からかなり忙しい私ですが、

現場が直営になってしまったのでもうてんやわんやとなってしまいました。

再スタートさせて2週間後です。

なんとか外部の木工事も終了し、

モルタルの下地のラスとフェルトをはることができました。

手前はガルバリウム鋼板仕上げなんですが、

防音ドアの納期に時間がかかったこと

鉄骨の庇の金額調整に難航していて、納入待ちとなっていました。

 

 

施主にウェブのセールで松下の玄関ポストを購入してもらい、取付けました。

こんなことが気軽にできるのが直営方式のメリットですが、施主や私がちょこちょこ支払いをしなくちゃ

ならないので手間がかかります。

一括で請けていないので、施工金額はかなり削減でき、メリットは高いけど

こういう支払いの手間と、アフターの明確化にはデメリットが感じられます。

内部をつくるとか、いろいろ検討したんですが、松下のポストの収納量の魅力にはかないませんでした。

 

直営方式に切り替える以前に工務店さんにこのブリッジを施工してもらってましたが、

この箇所に施工不備がありました。

今回別の大工さんに施工をお願いし、施工不備を直しました。

テスリの笠木とシナ合板の壁面をフラットにしています。

最初現場の手直しが難航しており、職人さんの愚痴もかなりありましたが、

6月に入るとかなり減り、私もひとまずほっとしています。