障害者支援施設への用途変更 2以上の直通階段

こんにちは、今井です。
久しぶりにブログをアップします。
東浦にある、住宅の設計をしているのですが、
午前中に、何とか意匠図を書き上げた
ところです。
現場調査、監理や、さまざまな用事で昼間事務所
に 詰めることが、できず、夜図面を描いている
のですが 睡眠不足で、頭イタイ―という感じです。
さて、メ-ルでの住宅相談の依頼は、7月に多く
ありましたが、 それが、パタッとなくなって
しまいましたが、 今月に入り、障害者支援施設
などの用途変更の相談が
メ-ルも含め立て続けにありました。

福祉施設などのご相談なら→今井賢悟建築設計工房

障害者支援施設
建築基準法であくまで愛知県の取り扱いです。
用途です。
グル-プホ-ムは、寄宿舎。
生活介護は、児童福祉施設
就労系は、児童福祉施設
(ほとんどの就労系は、1低 2低、1中高、2中高
で、 建築等含め用途変更できないので、ご注意)
になっています。

2以上の直通階段

児童福祉施設の場合
主たる用途に供する居室のある階
主要構造部が、準耐火構造もしくは、不燃材
100㎡を超える場合
主要構造部が、そのほか(木造など)
50㎡を超える場合
2以上の階段が必要になります。
しかも、児童福祉施設の場合避難上有効なバルコニ-の設置の緩和は
ありません。

用途変更の場合これが、結構厄介で・・・
2以上の階段がない場合(というか、ほとんどないです)
2階以上の階に、訓練作業室と多目的室を、配置しようとすると
RCと鉄骨造の場合、訓練作業室と多目的室合わせて100㎡以上
RCと鉄骨造以外は、用途変更不可です。
木造の場合多目的室のみだけでも、
20人定員の場合 福祉基準で
2㎡X20=40㎡必要で
建築基準法で、50㎡以下にしなくてはならない。
木造の専用住宅での、用途変更は、ご注意してください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です