屋内消火栓 倍読みについて

先日私の事務所からほど近いところ
で、2階建て1200㎡鉄骨倉庫をお持ちの会社
さんから ご相談ありましたので、書きます。
用途が倉庫の場合
地階・無窓階を含まない3階以下の階層に
対する屋内消火栓の設置基準では、設置
が必要となる床面積が、700㎡以上になります。
主要構造部が準耐火構造の場合、倍読み
となり、1400㎡以上になります。
主要構造部とは、主要構造部 壁、柱、床、
はり、屋根又は階段 になります。
主要構造部を準耐火構造という文言を素直に
読むと、主要構造部を被覆しなくちゃならないけど
倉庫や工場は、ほとんど構造表しだけど、どうした
もんだろう。
と疑問に感じて・・・
第109条の3 主要構造部を準耐火構造とした建築物と
同等の耐火性能を有する建築物の技術的基準
法第2条第九号の三ロの政令で定める技術的基準は、
次の各号のいずれかに掲げるものとする。
     二 主要構造部である柱及びはりが不燃材料で、
その他の主要構造部が準不燃材料で造られ、
外壁延焼のおそれのある部分、屋根及び床が次に
掲げる構造であること。
 外壁の延焼のおそれのある部分にあつては、防火構造としたもの
 屋根にあつては、法第22条第1項に規定する構造としたもの
 床にあつては、準不燃材料で造るほか、3階以上の階における床
又はその直下の天井の構造を、これらに屋内において発生する
通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後30分間
構造耐力上支障のある変形、溶融、き裂その他の損傷を生じず、
かつ、当該加熱面以外の面(屋内に面するものに限る。)の
温度が可燃物燃焼温度以上に上昇しないものとして、
国土交通大臣が定めた構造方法を用いるもの又は国土交通大臣
の認定を受けたものとしたもの

で、今回鉄骨の建物においては、延焼のおそれのある部分が、防火構造
で、あれば屋内消火栓が不要です。
一部木造の建築物が付属している場合だと、主要構造部である柱及びはりが
不燃材料でないので、木造部分については、準耐火構造にする必要があります。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です