定例です みらい

長久手市の特定非営利活動法人 百千鳥 さんの
みらい ですが、長らく続いた雨がありましたが、
D棟足場を解体することになりました。
C棟については、補助金事業で来週消防の検査
建築基準法の検査をおこないます。
滞りなく終了すれば、ほっと一安心です。
先日、B棟の柱状改良が終了し、来週から基礎着工
いたします。
C棟 D棟は、グル-プホ-ムですが
B棟は生活介護になります。
外壁については、モルタル塗りの時に木鏝でテクスチャー
をしてもらい、弾性リシンの骨材をかなり減らしてもらい
吹付しています。金ゴテ仕上げと違い、良い感じで
質感が表現されますが、吹付される弾性リシンの材料が、
通常より多く使用します。
ウッドデッキの隙間は、車いす及び杖の先が挟まらない
10㎜以下としています。
苦労して残した既存の大きな樹木の新芽がなかなか
出てこないので心配しているところです。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です