ボーリング調査

今日の午前中は福祉施設の件で

尾張建設事務所 審査第二グループ?

にて100㎡の用途変更の取り扱いについての協議をしました。

ワンフロアーを異種用途(たとえば事務所と福祉施設)の用途変更

した場合、共用部分(例えば廊下とかトイレとか)についての

面積割合についてとあともろもろです。

これって多分物件や審査する会社や担当者によって、多少判断が分かれる

ところです。よってその都度協議しています。

ただ本日協議した物件においては、用途変更対象面積には加算されない

ということでした。

午後からは、名東区において事務所兼修理工場のボーリング調査が入って

いたので、立ち会いです

ボーリング調査

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名東区って知らなかったのですが意外に地盤強固で

1m下から、コケツした砂で N値50~60が、ズーと続いています。

こんなんですと ボーリング調査も一苦労ですよね。

 

避難小屋

避難小屋の柱脚の金物の検討最中です

といいつつ、天空率の検討の最中でもあり

両方いっぺんに進めています・・

天空率なんて本当に一年の間に何度あるだろうというくらいで

検討の仕方を忘れてしまいます

柱脚の模型2

 

 

 

 

 

 

 

 

どっちがいいかなと考えていますが、

これ一つにどれだけ時間費やしているんじゃい・・という感じです

柱脚の模型1

 

 

 

 

 

 

 

 

避難小屋のかぼちゃ束どんな感じだろうか?また、豊田市のNPO法人

Mさまの屋根もかぼちゃ束を提案したいという欲求にかられつつ

美濃加茂市の前平公園に立ち寄ったので東屋を少し観察

これは明らかに鉄骨造です。

鉄骨に木の格子を抱かせてあるんですね

東屋3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは鉄骨で補強しながら作ってあります

東屋1

 

 

 

 

 

 

 

意外に老朽化しています。

前平公園ができたときはきれいな公園だったろうと容易に想像できます。

渦中の美濃加茂市長ですが、公園の整備の予算もう少しとってくださいね

 

で 坂祝にある そばのさと 深萱ふーど に行ってきました

そばオタクではないのでよくわかりませんが

畑の間の細い路地にあり、アクセスはよくありませんが

有名なお店なのか、程よい込み具合です。

玄関を開けても客席は直接見えないので、初めて来店すると

困惑します。

一応靴を脱いで一段上がって、扉を開けて客席

客席からは、一見田園風景が見えるような設計となっています。

ただ岐阜の西濃地方は、平野なためか、あたり一面田んぼで

ロケーションは良いですが

中濃から東濃にかけては、山間が多く、ところどころ住宅など

多く、こちらも例外でもなく

場違いな倉庫など多くどうもロケーションはイマイチで設計者の

意図とは違ってしまったような気もします。

いっそ開口部を絞ってもよかったかも??と少し思いました

それでも、本当に静かなお店で、ゆっくりするには最適です。

 

 

ふーど

 

 

 

 

 

 

 

避難小屋の避雷針

先日以前勤めていたWF社の子会社DCより連絡があり

私の家の近くのWF社が経営している森林公園のゴルフ場

の避難小屋の設計の手伝いをしてほしいと連絡がありました。

扶桑のグランドの事故の件もあったかと思われますが

大至急ということで

作業自体は、お盆休みを返上して何とか仕上げました。

避難小屋の上に避雷針を取り付けるわけですが

私は具体的に避雷針の打ち合わせをしたことがありません。

WF社からは直接業者と打ち合わせをしてほしいということで

愛知県一宮市にある名古屋避雷針工業株式会社

というところへお邪魔しました。

驚いたことに 日本で避雷針のお仕事をしている

会社は3社しかないとのことです。

(ウェブで拝見すると4社っぽいですが)

すごい  ニッチ  という感想です

担当者いわく この時期ものすごく忙しい ・・とのことです

いろいろ教えてもらい

うーん貴重な体験でした

障害福祉サービス就労継続支援A型への用途変更

昨日江南市のT様より

障害福祉サービス 就労継続支援A型を立ち上げたいということで

事務所ビル3Fに事務所から障害福祉サ-ビスへの用途変更のご相談を受けました。

オ-ナ-様は、図面はあるいけれど確認申請書の副本が無いとのことでした。

用途変更の確認申請は、現在の建物から変更内容を問うため

原則、現在の建物の確認申請の副本は必要ありません。

しかし、用途変更に際して、現在の建物が合法であることを示さなければなりません。

新築とは違い、構造計算は必要ありませんが、集団規定(建ぺイ、容積、斜線など)

から、防火規定、単体規定を満足させなければなりません。

小さい建物であれば、簡単ですが、比較邸建物が大きくなると、防火規定など要求法令が増し

見えない部分などさっぱりわかりません。

前の確認申請があれば、それを頼りに・・・ということに

なりますが、前の確認申請なく、消防署にも何も書類がないとなかなか

用途変更の確認申請までたどり着きません。

今回は用途変更部分は100㎡以下にて計画するということで、

用途変更の確認申請の手続きをせず、消防所に

使用開始届の提出のみの手続きにて進めようという方向性になりました。

 

 

 

 

障害福祉サービスの用途変更の確認終了です

昨日長久手市のL社様からご依頼されていました

事務所から障害福祉サービス 就労以降とA型への用途変更が完了しました

今回は鉄骨造平屋建事務所棟650㎡程度建物の一部350㎡程度を用途変更しました。

健全に使用されてかつ消防への報告も抜かりなくされていた建築物でしたので

スムーズに確認業務が終了することができました。

(精神衛生上良かったです)

就労以降やA型などは仕事の確保がかなり難しいです。

事業をスムーズに経営されている事業者様は、

仕事を受注する算段がされているように思われます。

L社様もお仕事の受注先もしっかりされており、

ビジネスと考えて事業をされています。(福祉事業といえどもビジネスですからね)

私も今回いろいろお勉強になりました。

ありがとうございます

今月末にお披露目をされるとのことです。

さらなる今後の発展を祈っております。

PS

そして今晩、昨年事業所を立ち上げるときにご相談いただいた

K社就労以降AのE様が行政事務所を開業されたという

ことで弊社にご挨拶にお見えになりました。

就労系においてはかなりお詳しく今後もいろいろな面で

お付き合いできればと考えております。

またまたお勉強になりました

出会いに感謝です!!

 

 

 

木造住宅における結露防止を考慮した断熱・気密設計法の講習です

本日と明日小牧市のポリテクにて

木造住宅における結露防止を考慮した断熱・気密設計法

の講習会に出席しています。

朝10分ほど遅刻してしまいました・・

ゼロエネとか、省エネの基準の改定やらで

いろいろ手さぐりで業務をしてきましたが

ここらへんで整理の意味で ト 考えまして

本日は メインに熱貫流率抵抗から表面温度の算定でした。

明日は具体的にソフトを使用してということです。

あと一日頑張りたいと思います。

PS

構造屋さんなんかどこへ問い合わせても忙しくてパンパン見たいです~

どうしよう悩んでいます

長男分家

調整区域内の建築許可の依頼がありましたので

書きたいと思います。

弊社は意匠設計のほかに・・・

都市計画法の手続きも手掛けています。

(恥ずかしながら、意匠設計だけでは、ご飯が食べれまのせんので・・とほほですが)

今回の案件は本家から、適正に分家された住宅の一角を分筆して

その長男が可分の扱いで住宅を建てたいというものでした。

法第34条第14号の基準第一号 農家の二・三男が分家する場合の住宅等

となっているので  農家二・三男がするべきで、長男の場合は

二・三男に跡継ぎを立てなくてはならないと考えていました。

でところが、継続された本家に隣接して建てる場合は、長男分家住宅として

跡継ぎということで、許可の方向に向かいます。

私は、何年もこの仕事をしていますが都市計画法 取扱いがよくわかりません・・

 

障害福祉サービス

先日本当にありがたいことに

愛知県豊田市にある事業者さまより

障害福祉サービス 生活介護の施設を作りたいと相談があり

昨日お伺いしました。

弊社への依頼の大半は用途変更ですが、今回は

新築でご検討されているとのことでした。

用途変更の場合は スグッ というケースですが

新築の場合 長期のスパンでの計画となります。

ちょっと頑張って計画を考えていこうと思います。

JWWの泣き所

僕のPCには ベクター マイホームデザイナー 構造EXなど入っていますが

僕は作図でほとんどJWWを使用しています。

でも ソリッドやSXF線種で、カラーを使用していますが、透視化が

できないこと、線幅が変更できないこと、PDFをBMPに変更したりして

画像が荒れてしまったり、曲線のうまくかけなかったり

なかなか限界を感じて作業をしています。

ベクターで、PDFや、画像、ソリッドの透視化にしていますが・・

CADとして作業をしようとすると、斜め壁がうまく書けず

不便で不便で

実はJWWで慣れ親しんでしまった、クロックメニューとオートモード

マウスだけで図面を書く癖がついてしまいました・・・

だったらいっそM7やBEDRAWに移行するべきか・・・

M7だと端点、中心点がベクターのように拾ってくれるから楽なんだけど

JWWだと外部変形での三斜、座標計算

日影や天空率の扱いも楽ちんで・・・なかなか脱しきれません

JWWのように、オートモードやクロックメニューや線記号変形や外部変形があって

ベクターのように、図形や画像の扱いが簡単でちょっとした3次元もすばやく扱えて

そんなCADあるのかな~