先日飲み会がありました

先日大曽根で飲み会がありました

今回の飲み会のメンツは 元建築士会の瀬戸市部青年部??

順不同で 堀場の浅井さん ボールズの伊豆倉さん 松原設計 Mクラフト 内木さん

確認検査愛知の伊藤さん 

弊社の木原さんとHPを作成

していただいている アババイの山口さんと坂本さんでした。

初めて真面目で高気密高断熱の住宅ん0お話をしたのでその時の話を書きたいと思います。

高気密高断熱の住宅は窓も閉めて密閉されていて体に悪いということ

全館空調では建物の内部の温度が一定で暑い寒いが感じられて体に悪いということ

高気密高断熱の住宅は 締め切ってエアコンばかりを使用しているイメージがついているという

感じを受けました。

おそらく高気密高断熱を採用されたお客様はこのような使用方法をしていらっしゃるのでしょう。

世の売り文句として、本来の目的では世に普及しずらい(わかりにくい)ので、

売り文句を普及しやすくPRした結果、業界の人々さえこのような

誤解を招いているかと思われます。

高気密高断熱だからと言ってエアコンばかり使用しなくてよいと思います。

暑ければ窓をバンバンあけてもらえばよいかと思われます。

高気密高断熱の住宅の断熱性能が高いので 太陽の輻射熱が内部に入りずらいので、

良いかと思います。

あまりに暑い場合はエアコンを使用するかと思います、

高気密高断熱の住宅はエアコンの効率はあがるので省エネになります。

このとき土壁は健康的で建物によいという意見も出ました。

私はこの意見には大いに大反対です。土壁は中性で湿気を吸いやすいので、

カビの温床になりやすくシックハウスの原因となります。

(梅雨時の土壁を施工をするともう大変です)

飲み会でこの話をすると大変なことになるのでやめました。

ちなみに 外壁の土壁外部側に外断熱を施し

内部側は真壁納まりで漆喰塗りの場合、

室内側に湿気を吸放出しカビの発生を防げるので

良いかと思われます。

開所式

本日朝から百千鳥さんが長久手のござらっせの一角で行う生活介護つばさの開所式です。

一階ですし、場所もよくこれから発展していっていくよう祈願いたします。

モモさんのところは 日中事業と相談事業と今回これで生活介護事業です。

他事業所にて就労関係のお手伝いをしましたが。就労関係の事業運営はなかなか難しいのですが

生活介護の場合、対利用者さんは難しいのですが運営は安定的と伺っております。

法人を立ち上げたばかりでいろいろ大変かと思いますが、今後安定した事業発展していくことを

お祈り申し上げます。

???????????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぎりぎり間に合いました・・

建築基準法 障害者グループホーム 緩和??

本日中日新聞に 愛知県においてグループホーム(共同生活介護  共同生活援助でよかったですね)

における建築基準法の緩和策が出ていました。

どうも下記のようです

緩和策は、二階建て以下で二百平方メートル未満の一戸建て住宅をグループホームに転用する場合、

建築基準法で求められる防火間仕切り壁の設置や敷地内の通路の幅を一・五メートル以上確保するなど

の条件を免除。代わりに、消火器や住宅用防災警報器の設置や年三回以上の避難訓練などを求め、

安全性を確保する。

これは数年前より話が出ていました。

● 今回の防火間仕切り壁

①  防火上主要な間仕切壁病院、就寝室等の相互間の壁で3室以下かつ100㎡以下

に区画する壁、および病室などと避難経路を区画する壁。

② 建物内の火気使用室とその他の部分を区画する壁

現実に照らし合わせると ①については平屋の物件が該当しそうです。

2階建ての物件の場合1階部分で100㎡超えることがあまりなさそう・・です

②についてですが、台所が該当しそうです・・ただガスだと危険ということで

コンロをIHに変えてしまえばこのf限りではないですね

避難経路の1.5mですが、アプローチで門扉等があると壊す手段をとるしかなかったので

建築基準法上緩和になれば、これはこれでよさそうです。

代わりに、消火器や住宅用防災警報器の設置を義務付けるとありますが

消防で、6項ロにしなさいと指導が出てしまうと、消防法で自動的に自火報が義務付けされるので

住宅用防災警報器の義務付けといわれていますが・・・どうでしょうか

6項ハに該当する場合は、自火報は不要なので住宅用防災警報器の設置を考えればよさそうです。

消火器においても同様です。

でも今回の緩和で戸建住宅からグループホームに用途変更の確認申請をしなくてよいということではなく

やはりグループホームに用途変更の確認申請しなくちゃなりません

排煙も検討しなくてなりませんし、階段幅も蹴上踏面も検討が必要です。既存不適格でないので

古い建物の場合ほとんど不適合です。

それなりに手を加えなくてはなりませんし費用もかかります。

どうやら築年数の新しい平屋の戸建住宅が今回の緩和のメリットになりそうです。

 

 

 

少し不安が募ります

昨年2年ぶりにお手伝いした会社の経営について

少し不安が出てきました。

 

この件とは別に

おととし長年付き合ってきました工務店が

1億数千万円という負債を背負って倒産しました。

私とその工務店とお客さんとは知人同士で

私が設計監理 工務店さんが施工という関係で

プロジェクトを進めていましたが、工事の最中に

倒産してしまいました。

以前から私は幾度となくその工務店に対し、経営状態の

質疑をしておりましたが、問題ないの俺を馬鹿にするな

の返事でした。

結局工事中に倒産してしまいましたが・・・

一つのプロジェクトはほとんど被害はありませんでしたが

もう一つのプロジェクトは、その工務店がお客さんから

勝手にお金を集金していて、大変なことになりました。

資本主義なので、倒産ということはついて回るので

その後はかなり注意をしています。

この時の教訓は、

目の前にいる契約者は、

明日でも倒産するかもしれないので、自分に降りかかる

被害を最小限に食い止めなければならない。

ということでした。

何をするにもリスクがあります

 

ホームズ君「省エネ診断」のソフト購入してみました

時代の流れといいますか・・・

省エネを考えてホームズ君の省エネ診断ソフトを購入しました。

それと並行して、構造EXと梁成オプションも購入しました。

構造事務所を普通にお願いする鉄骨造やRC造違い

4号建築物の木造建築物については、

長期優良住宅を除き構造事務所をお願いすることがありません。

経験値や手計算に頼るので、不安に思っていました。

今後徐々に移行していこうと考えています。

省エネについてですが、長期優良やフラット35の省エネ等級4

の場合仕様規定にて設計していますが、今後はQ値計算に移行していこうとも

考えています。

またいろいろ検証も重ねていきたいとも考えています

 

オープンデスクです

今週からS大学のAさんがオープンデスクとしてきていただきました

3年くらい前 私の母校の女の子が来ていただいた以来となります。

弊事務所のようなところへお手伝いに来ていただいて、感謝しております。

3年前と違い、弊事務所も女性のスタッフが常勤でおりますので

私と一対一ではないのでかなり良い環境かなとも思っております。

最近、プライベートでゴタゴタが重なり、モチベーションが下がり気味で

どうしようと考えておりましたが、短い期間ですがオープンデスクとして、

来ていただいているので、私の気分転換となってモチベーションが

上がったような気がします。

ご紹介していただいた堀場の浅井さん感謝します・・

また声かけてくださいね

????????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日から今日にかけてスタディ模型

今日は、プランの清書をしています。

あと数日頑張ってください

 

こんにちは206

先日 206君が納車になりました

豊明の現調でパシリです

かなりお値打ちで購入した割には調子がよく大満足です

ガソリンはハイオク

燃費は 普段は 9㎞/lくらいかと思います

高速で遠くへ出向くと11㎞/lぐらいのような気がします
???????????????????????????????

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで便利な車とは無縁でしたので、ワイパーがAUTO

ライトまでAUTOとやけに便利で感激です。

???????????????????????????????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春日井の現場でこの木を抜根してから地盤調査したほうがよいのか

はたまた先でもよいのかわかないので、地盤調査会社に写真付きで

聞いてみようと写真を撮りに来ました。

先日

ETCをオートバックスで取り付けだけお願いしましたら10,500円しました。

外車ですと高いそうです。意外にかかるもんだと思いました。

なんとか今後4年私のパートナーとして元気でいてくれることを祈っています。

基礎の断熱について

セントラルヒーティングを使用した外断熱の基礎部分の断熱方法を検討しています。

床下部分にセントラルヒーティングの吹き出しをを前提にしているので

基礎の外側を断熱した基礎外断熱と基礎の内側を断熱した基礎内断熱のどちらかで

しようと考えています。

基礎1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎外断熱

断熱材に防蟻処理してあるものや断熱材の表面に防蟻ネットを施工するなど

防蟻対策に様々ありました。

シロアリ駆除業者は防蟻対策の実験に使用されるシロアリは、数えるほどで行われるが、実際には、

数万匹のシロアリの大群なので、現状と実験には相違があるとも書いています。

また念のため、●ー●ーサーキットに加入している工務店に聞いては見ましたが、

彼曰く、まったくシロアリの被害はないとのことです。

私は愛知県なのですが、江南で建て替えの住宅に携わったとき、材料の

土の上の盤木(材料を支える木)や土に落ちた垂木に

瞬く間に、シロアリに襲われた経験もあります。

多少なりともシロアリのリスクはありそうです。

基礎2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎内断熱

木造の建物場合基礎は鉄筋コンクリートその上は木と内装材や屋根材外装材になってくるかと思いますが

外断熱になってくると断熱層の内側が熱容量を考えるようになってきそうです。

コンクリートの熱容量(スランプなどによって変わってきてしまいますが)

学生の時の教科書を引っ張りだしてきて 建築計画原論ですけど

密度 2250 kg/㎥くらい

比熱 0.211 Kcal/kg℃

熱容量 2250X0.211=474.75kcal/㎥℃で良かったと思いますが

このコンクリートの熱容量を 基礎の立ち上がりと スラブの一部を使用することができなくなって

しまいます。

結構な面積と思いますが、

シロアリと熱容量どちらを優先にしようかと考えると、おのずと基礎内断熱で考えがまとまりそうです。

追記

木の熱容量を計算しようと、比熱を調べようと私の教科書を見ると、無いのです。

ウェブを調べると、℃でなくてKが出てきてしまいます。

何とか、計算で割り出そうとトライしましたが、できませんでした。

たまたまWIKIに書いてあったので、何とかです

ヒノキくらいで 密度 400kg/㎥

水分があまりない乾燥した木で 0.38Kcal/kg℃

熱容量 400X0.38= 152kcal/㎥℃かな

コンクリートの1/3くらいだけれども RCの建物と木造を比較したら 体積は 10:1くらいだから

外断熱のRCの建物は木造の 30倍くらいの熱容量かな・・

RCの建物は外断熱効果ありそうです

ちなみに 鉄は 942kcal/㎥

グラスウールの性能の良いもので 40kcal/㎥ かな

たぶんこれでよいかと思いますが・・・

でも単位容積あたりの熱容量が低い高いというけど

建築物は工法によって材料の体積が様々なので 体積換算して考えなくちゃいけないんだろうかな

外断熱と全館空調(セントラルヒーティング)

先日クライアントさんから、全館空調をしたいとの申し出がありました。

私は、コストがかかる割には、効果が期待できない行為がどうも受け入れられない性分で

よく調べもせず外断熱や全館空調に対し、食わず嫌いなところがありました。

ちなみに私は国立岐阜工業高等専門学校建築科の卒業で、5年生のときには

環境工学においては日本や世界??でも有名な大沢研究室に在籍していました。

25年以上前RCの外張り断熱や、壁体内結露、いまだよく解明されていない湿気伝達率

(物体の中なかを湿気が通っていくのが湿気伝導率、空気中を通るのが湿気伝達率)

の研究のお手伝いをしていました

それなのに。。。

というのは

木造の場合RCと違って、外断熱なんてワザワザどうでもいいじゃんと考えていたからでした。

でも全館空調・・・・うーん全館空調するなら外断熱で熱容量を大きくしたほうが効果的ではないか・・・

費用的に考えると

床暖房や、エアコンを各部屋に取り付けると、すぐ100万円から150万円くらいになってしまいます。

意外にコストがかかるのです。

少し手を伸ばせば全館空調を入れることができます。

勾配天井や吹抜を採用したいと考えてはいるのですが

高いところに開口部をつけて明るくして。。と思っていると夏日差しで暑いし

冬寒いし。ガスの床暖房入れるとガス料金すぐ2万円3万円

床暖房の場合暖かくなるまで時間もかかるので補助でエアコンつけると

電気料金倍増するし、悩ましい・・と考えていましたが

外断熱 全館空調セットの場合40坪くらいの住宅で電気代が月平均1万円強かかるくらいなので

(夏場はあまりかかんないのですが冬場はかかります)

積極的に外断熱と全館空調採用しても良いかも。。。と思っています

zennkann

(株式会社時空の水上さんに画像の使用を許可を得てます)

 

さようなら ラシーン

????????

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の昼からプジョー206SWが納車してしまいます

本当に名残惜しくて森林公園植物園入口の南の公園で写真を撮りました。

車の写真を撮るためではなくてジョギングのため公園に来ています

10年前は大体体重が身長183センチ 体重65kg 体脂肪率9パーセントくらいでしたが

なんと昨年頭には 体重78kg 体脂肪率19パーセントで 内臓脂肪が少し多いといわれ脈拍も

ちょっと多くなってしまいました。

10年前の体重はあまりにも軽すぎて、アンガールズ状態ですぐ疲れてしまいこれはこれで

不健康でしたが、昨年頭はちょっと太りすぎかなと感じ始めました。

ということで食事制限もしたりして

体重73kg 体脂肪率15パーセントになりました

そして今年から週2回走ることにしました

たった2㎞でばてばてで、20歳のころには普通にフルも走っているのに・・

流しで10㎞くらい走れるように今年は頑張ろうと思います