ももさんに伺ったら・・・

先日 百千鳥の竹田さんから、福祉施設の相談があり、昨日と本日

出向いて打ち合わせに伺いました。

そしたら、可児ガラス工房というガラス屋さんが隣にあったので

よってみました!!

???????????

 

 

 

 

 

既存のサッシのガラスを外して ステンドが入っているようです

ちょうど花が咲いていてきれいです

???????????

 

 

 

 

 

レトロな和の空間に入れたくなる照明器具です

???????????

 

 

 

 

 

ちょっと見ずらいですが表札です

???????????

 

 

 

 

 

 

???????????

 

 

 

 

 

洗面ボ-ルのようです

???????????

 

 

 

 

 

くま

????????

 

 

 

 

 

 

????????

 

 

 

 

 

 

百千鳥のスタッフ一同

こんな近くにこんなお店があったとは!

 

 

 

いざ上之保へ

今日 建具や家具でおつきあいしている

加藤木工さんに伺いました!

でっかい作業場でした

相当びっくり

途中のあずまやです

???????????

 

 

 

 

 

???????????

 

 

 

 

 

???????????

 

 

 

 

 

 

加藤さんの土場です

???????????

 

 

 

 

 

 

作業場になります

???????????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたにとって家とはなんですか?

先日の一件から少しずつ頭に浮かんでいることを整理しています。
住宅特集という月刊誌を読みながら、よく幼少期の家の話から始める場合が
多いので とりあえずそこから

私の実家は岐阜県なのですが
家は大正元年に建てられています。
3mほど上がった北側が、本家になるわけですが
こちらの家は明治時代になります。
現在は私の父が本家を引き継いで使用しています。
当時の家は離れにトイレやお風呂があります。
水洗トイレじゃないので、衛生的にそのほうがよいのでしょうか?
そんな古い建物なんで
昨今の家のように断熱や気密なんてあるわけがありません。
家の中は外気温度と同じです。
冬の日の朝家の中の温度は1~2度なんてざらです。
結露なんて無縁で本当に寒い家です。

家の構成は柱と木製建具で一部壁という田の字になります。
木材と建具は黒く焼け、部屋に白熱灯ひとつの暗い家でした。
山の谷間に家があり、平野と比較すると、一日の日照時間は短くなります。
日の光には強い欲求があります。

そんなことで私の中で幼少期の時

家とは 「 暗くて 寒い 」 ということになります。

なんか非常にネガティブな記憶ですね

住宅観 建築観

先日突然 ASJの担当者様から 登録オファーのメ-ルが届き 昨日 ご説明を受けました。

知人でけっこう活躍されている建築家さん多数登録しているようで、

僕なんかで登録 していいのかな??

と思いつつ 仕事もしたいので

「 ぜひ登録お願いします 」

と即答してしまいました。

そういえば ある問題がありました

それは 建築家として何を創造していくのか、何を目指すのか、

という答えが見つからず なおざりにしていたことです。

で また このタイミングで、また考えさせられることになりました。

それなりの建築家さんは具体的に

「 こんなん つくりまっせ 」

と即座に返答されていますが、 私は未だわかりません。

とは言っても 少しは答えなければならないので

少しばかり 「

こんなこと考えて住宅を設計しています 」

ということを書きたいと思います。

● 家族と住宅設計 どこかのハウスメ-カ-のパンフのように

家族仲良く団欒のあるすまいの設計というのが理想です。

実は家族の中で誰かが犠牲になり我慢していて、

その状態を 作り上げ、

ある日その我慢が爆発して、家族崩壊という図式もあるかもしれません。

表面的にではなく、 クライアントと真摯に向き合い

適切なアドバイスをしなくてならないと考えます。

ス-プの冷めない距離とよく言いますが、

ある程度距離感を保ち 困った時に一番近くにいて協力し合える

というくらいの関係が 家族としてうまくいくかもしれません。

家族みんな仲良く健やかにという住宅の設計というより

家族という関係を継続できるような

住まいずくりのお手伝いをしていきたいと

今は考えています。

ボ-リング

不動産会社さんから擁壁の依頼があったのでボ-リング調査の 立ち合いです。

私の自宅からほど近いところです。

調査してみると6mくらいから地耐力が落ちてきました。

擁壁の形態の判断に迷うところです。 ???????????????????????????????

太陽光パネル設置

昨日現場で定例がありましたが、

応用開発の福山さんと他お二人ががんばって太陽光パネルの設置をしていました。

手でパネルを屋根まで上げていました。

儲かったら上げる機械ほしいけどねと言っていましたが

福山さんと顔を合わせ

【 お互い儲からないよね~ 】

普段営業している顔しか見ないのに 何もかもやって大変ですね。

応用開発さんといえば地盤の補強会社の老舗ですよね。

僕もサラリーマンの時には地盤補強何回もお願いしました。

今は京セラ太陽光パネルの事業もされています。

太陽光パネル

 

 

 

 

 

太陽光パネル

 

 

尾張旭のこれからの福祉といじめのない学校を考えるでした

13:00~

私の自宅から歩いて1分くらいにすんでみえる 尾張旭市花井議員の講演と

同じく山下議員の講演に出席しました。

障害者自立支援が障害者総合支援法に変わりました。

今まで医療の枠組みであった精神障害が加わりました。

本日ではこの部分を花井議員は声を大にしてお話していたように私は

受け止めました。

時々、道端で独り言を話している、障害者がいます。

以前私は、なんか気味悪いと思っていましたが、

この福祉施設の仕事に携わるようになり、

精神障害のある一部の人には、幻覚が見え、その幻覚の人物と話をしているだけだ

ということを学びました。そのような知識を得てからは、独り言を話している

障害者に対して、違和感を感じることもなくなってきました。

ちょっとしたことで偏見もなくなります。

障害者に対して今後どのようなことをしていったらよいかは私はわかりませんが

建築を通して、いろいろ学ばさせていただいております。

???????????????????????????????

 

 

 

 

 

 

 

 

???????????????????????????????